つながるテーブル イメージ画像
子ども食堂は誰もが自由にできる活動です。
社会貢献活動ではなく、子どもが好きな仲間が集まって小さく始める庶民活動です。

電話:080-7036-9385
Mail : saintmorning1225@gmail.com

尾関泰輔

更新情報

今朝、正月の残りのおもちを焼いている時に。 頭の中にふっと「コミュニティカフェ」という言葉が浮かび、検索してみました。   全国の「コミュニティカフェ」一覧というリストを見つけました。   http://tatakauoyaji.com/Closeup/Network/comunity_cafe.h

昨夜は桃谷こども食堂の日でした。社会福祉研修・情報センターさんの取材がありました。4ページの特集に掲載していただけるとのこと。「お気楽子ども食堂」を運営している私たちが、「西成子ども食堂」の川辺さんと同列に扱って頂けるなんてお恥ずかしい限りです。さて、取
『昨夜の桃谷こども食堂』の画像

この2週間ばかり、子ども食堂をテーマに様々な方とお会いし、お話をさせて頂き感じたことを書いてみたいと思います。子ども食堂を「子どもの貧困の解消のため」「シングルマザーをケアする場」というこれまで、報道されて来たトーン&マナーで捉える時期は過ぎようとしてい

池田子ども食堂「いろは」さんにお邪魔しました。「いろは」さんは、自然食レストランを利用して活動されています。24年の歴史を誇る自然食レストランの筋金入りの美味しくて、健康になれるご飯を食べることができます。 子どもの貧困問題は待ったなしの緊急課題ですが、
『池田子ども食堂 いろは』の画像

「桃谷こども食堂」を運営している天王寺区のレストラン「やさいのこころ」が、2月5日(金)11:00に再開することになりました。美味しいお野菜と玄米ごはんが自慢の健康食堂です。再開 準備のために昨夜、オーナーさんがこども食堂のボランティアさんをお客さんに見立
『桃谷おとな食堂』の画像

最近、子ども食堂のメディアでの露出が多いので書こうと思いました。私は「子ども食堂」が子どもの貧困問題の特効薬であるとは考えていません。子どもの貧困問題は、構造的な社会問題、富の再分配の問題なので簡単に解決できません。 子どもの貧困は永遠の課題の一側面でし

滋賀県に行ってきました。今更書くことでもないのですが、県の真ん中に琵琶湖があります。県内の移動が大変だろうなと大きな湖を見る度に思います。さて、滋賀県にお邪魔した理由です。ご存知の方も多いと思います。「子ども食堂」を県をあげて推進しています。広めていくた
『滋賀県にお邪魔してきました。』の画像

新年早々 嬉しいお客様が来てくださいました。大阪市此花区でゲストハウスを経営されている角林さんが見学に来てくださいました。此花区は昔ながらの大阪の下町、是非、子ども食堂をオープンして欲しいです。子ども食堂は思い立ったらすぐにできる市民活動です。大阪でも沢
『此花区に「子ども食堂」を』の画像

↑このページのトップヘ