まちショク! つながるテーブル

子ども食堂を超えて、新しい人と地域のつながりを考えたいと思います。

まちショク! つながるテーブル イメージ画像
子ども食堂にご興味のある方、やってみたい方は以下にご連絡ください。
場所と時間を設定してご説明させていただきます。

Tel : 080-7036-9385  
Mail : saintmorning1225@gmail.com

尾関泰輔

更新情報

以前、ロックな子ども食堂という文章を書きました。ロックな子ども食堂の定義は。「小さく産んで、周りに用心しながら、大事に育て、長く続ける。最初はマイペースで行く」です。私はこれまで「ロックな子ども食堂」を開くことをお奨めしてきました。それは、子ども食堂を「

9月30日 大阪市が行った「子どもの貧困調査」の結果を各報道機関が取り上げていました。結果はそのまま受け止めるべきなのですが。これから、大阪市がどのような対策を打ち出していくのかが気になっています。私はこれまで「子ども食堂」に子どもの貧困問題を解決する力

一週間に一度、どこかで子ども食堂についてお話をしています。お話をする度に気づきがあります。教えてもらうことの方が多いような気がします。本当に有り難いことです。そんな中で、子ども食堂が地域のコミュニティ作りに役立つ?地方再生の一助になる?というような話がち

子ども食堂の「味」について触れた文章を読んだことがないので、少し書いてみようと思います。果たして、子ども食堂で提供している料理は美味しいのか?批判を覚悟で書くと。ナショナルブランドの食品メーカーが作った加工食品、コンビニのお弁当。それから、町の中華料理店

少しご無沙汰していました。先日、京都「子ども食堂』連絡会の澤田さんにご無理を言って時間を取っていただきました。澤田さんには立命館でお会いして以来お世話になっています。あれこれお話をしていて話が学習支援に至りました。「こどもの居場所」の流れの中では、先ず学

映画「さとにきたらええやん」を観ることができました。幸運なことに上映後、重江良樹監督の舞台挨拶がありました。さらに嬉しいことに、突然、SHINGO★西成さんが登場し監督とミニ対談、2曲歌うというサプライズつきでした。以前、東京で大正大学の西郷先生から。「何故、

昨夜で桃谷こども食堂はオープン2年を迎えることができました。2年続けて実感できることがあります。ひとつは、ゴハンを食べることはきっかけであること。ひとつは、私たちボランティアとお客さん(お母さんと子ども)がひとつの家族のようになっていること。子ども食堂の

先々週、第一回の懇親会を「桃谷こども食堂」の現場である、レストラン「やさいのこころ」で開催しました。これまでに、子ども食堂についてご説明をさせて頂いた方々にお声がけしました。既に子ども食堂を始められた方、計画中の方にお集りいただきました。席数の関係から全

何故、小学校区にひとつ子ども食堂を作る必要があるのか?疑問に思っていました。ある時、親切な方が「子どもは一人で他の小学校区に行ってはいけない」という決まりがあるからだと教えてくれました。 そうなのか。何か変だけど。何も言うまい。と納得していたら。先週、京

健ちゃんは大阪の漫才コンビ「トミーズ」雅の相方です。 健ちゃんは「ちちんぷいぷい」のレギュラー出演者です。「ちちんぷいぷい」は大阪の放送局(MBS)のお昼の看板番組です。家内が教えてくれました。健ちゃんが面白いことを言ったそうです。健ちゃん。面白いことが言え

↑このページのトップヘ