大阪のある市の給食の衝撃について先日書きました。

今日は新しい写真が到着したので。その続きを書きます。
この写真も酷い。目を疑いました。

34755231_1709228969193115_2303148071854276608_n


私の中では「良い給食」は愛媛県の今治市、「悪い給食」は大阪市の中学校給食と単純に分けていました。

前者はお米、野菜はもちろんのこと、加工食品までまちのものを使用。
そして、パンも作りたいなぁ、ということで小麦の栽培までやってしまいました。
給食の充実と産業振興。一石二鳥。賢い。尊敬。

さて、後者の大阪市の中学校給食。下の子が中学生の頃にテスト導入されました。
横浜市の給食の酷さが、昨年メディアを賑わしましたが、まさにそれ。
中学の近くに大阪拘置所があったので、中学生達は拘置所弁当と呼んでいたそうです。
大阪のポピュリズム政党の人気取り政策に子ども達が利用されるという構図。
 
ということで今回給食情報を提供してくださったお母さんに先ずお尋ねしたのは。
「維新の市長さん?」
答えは「違う」とのこと。
であれば、その市の職員と組織が賢くないのだな。
賢くない人達に税金を使って仕事をして欲しくないなぁ。

なんとか改善して欲しい。